Digital Contents

デジタルコンテンツ事業

企業競争力の強化や新規ビジネスモデルの創出等、最先端のテクノロジーを活用したビジネスのデジタライズが様々な業種で急速に進んでおります。
その重要なアプローチとしてビッグデータやオープンデータを利活用するためのデジタルコンテンツがあり、経営層や管理部門が経営判断を行うための売上・損益などビジネス状況の可視化だけでなく、製造や営業、マーケティング等の現場部門にもその活用が広がりを見せています。
デジタルコンテンツ事業部は、対象となるビジネスのジャンル別に、戦略を検討・企画し、クオリティの高いデジタルコンテンツをご提供致します。

アプリケーション・ソフトウェア

インターネット利用者の70%はスマホを使い、スマホ利用者の80%超はアプリを使います。

アプリケーション・ソフトウェア(アプリ)とは、スマホやPCなどに入れて(インストールして)使える様々なコンピュータ・プログラムをひとまとめにしたデジタルコンテンツのことです。
その主な機能が「メールを作成・送受信」することであれば「メール・アプリ」、ウェブサイトを閲覧する機能なら「ブラウザー・アプリ」、○○ゲームをするなら「○○ゲーム・アプリ」、音楽を聴く、動画を観る、写真を撮る等々…その用途や種類は、ほぼ無限です。スマホが普及した主な理由は「アプリが使えるから」と言われています。
目的に応じて機能をある程度まとめたアプリなども開発されており、当社のクラウド型アプリ作成プラットフォーム「アプリショット」はそのような多機能に対応したアプリを作成できます。

 
クラウド型アプリ作成プラットフォーム「アプリショット」

オリジナルアプリを短期間で導入
クラウド型アプリ作成プラットフォームなので、作成、更新、管理をスムーズに行え、導入までの期間とコストを大幅に削減できます。

6種類のプッシュ通知機能​
スタンプカード、クーポン、ポイント、電子カタログ機能、ラインで友達紹介機能、多店舗機能など業界トップクラスの機能をご用意しています。​

アプリの利用状況を分析
アプリがダウンロードされた日時や件数、アプリの利用状況を分析できます。​

インバウンド対応
多言語(40ヶ国語)に対応可能。海外のお客様にもサービスを提供できます。

詳しくは パンフレットをご覧ください。
販売代理店募集中
お問い合わせは コチラをまで

ウェブサイトとアプリの違い

機能性や仕組みの違いについての説明は省きますが、集客効果という目的にしぼっていうと、ウェブサイトは「新規の顧客に向いているツール」、アプリは「リピーターに向いているツール」です。
ウェブサイトは、検索してきたユーザーに対してアプローチするのが主な役割であり、アプリはこちらからユーザーに情報を発信していくのが主な役割となります。
アプリは基本的に新規のユーザーがいきなりダウンロードするツールではないですし、リピーターはウェブサイトを何度も訪問することは少ないはずです。

 
アプリで出来ること

プッシュ通知
プッシュ通知とは、新しいメッセージや好きなお店のセール情報など、アプリが自動でお知らせを表示してくれる機能です。
アプリをダウンロードしてくれているユーザーは、お店や企業(あるいはサービス)を気に入ってくれているわけですからターゲットをしぼって、こちらからアプローチすることが出来ます。

GPSプッシュ通知
営業場所(お店、あるいはイベント会場など)を地図上に設定、そこを中心にエリアを指定することで、エリア内に入ってきたユーザーへプッシュ通知できます。接客効果の向上や他社・店との差別化されたマーケティング効果が期待できます。

利便性の向上
アプリ内にスタンプカード・サービス(ご来店ポイント)やクーポン券の発行、予約機能などを付けることで、リピート率の向上とユーザーの利便性の向上を実現できます。また、これらの機能はアプリ内で完結できるため、印刷や配布などのコスト削減にもつながります。

情報の拡散
友達紹介機能は、SNS(LINE、Twitter、Facebookなど)を活用してアプリを紹介する機能です。一般に観光地などにある(一期一会的な)店舗はアプリに向かない(ヘビーユーザーを見込めない)傾向にありますが、この機能を付加することで、好意的な情報を広く拡散することが可能です。

 
上記のように、情報発信をするだけでなくコントロールし、ユーザーの利便性を向上させ、情報を拡散させ、その結果として広報活動全体のコストダウンをはかることが期待できます。

WING-APP

フリーマガジンWINGと連動した地域応援アプリ

フリーマガジンWINGの地元 筑豊地区をメインに、地域のお得な情報やお得なクーポン、プレゼント企画などを発信するアプリです。

 
詳しくは WING HPをご覧ください。
参加企業・店舗募集中
お問い合わせは コチラまで

ウェブサイト

ウェブサイトの作成

現在のビジネス活動には、ウェブサイトが必要不可欠なものと考えられています。
企業や店舗の顔としてビジネスを強力にサポートいたします。
通常の会社案内サイトからプロモーション用サイト、期間限定の特設サイトまで、ご予算やニーズに合わせた最適なウェブサイトを制作・運営。また、ウェブサイトを活用した幅広い広報プランをご提案いたします。
豊富な経験を持ったスタッフがしっかりとサポートいたしますので、インターネットの知識がなくても安心です。

弊社のお客様のウェブサイトは、全国に6台あるサーバーで厳重に管理されています。(2020年現在)
複数のサーバーで管理することで、サイバー攻撃や事故、災害によるリスクを可能な限り回避することが可能です。
低価格で高速・安定したサーバー環境を実現しており、膨大なページへのアクセスが発生しても、快適にご利用いただけます。

 
ECサイト
ECサイトとは、本来はイーコマース(Electronic Commerce=電子商取引)を行う全てのウェブサイトの総称で、ネットショップ以外にもネットオークションサイト、コンテンツ配信サイト、オンライントレードのサイトなどが含まれます。しかし実際には、ECサイトという言葉は概ねショッピングができるサイトという意味で使われていますので、混乱を避ける為ここではECサイト=ネットショップ・オンラインストアと定義して、話をすすめます。
ECサイト(ネットショップ)には、営業時間や休業日がありません。いつでも・どこでも・誰とでも取引を行い、利益をあげることが可能な店舗です。もちろん時差も関係なく、世界中の国や地域とビジネスが可能であり、海外へ販路を拡大したい事業者の注目を集めています。

ECサイトの運営手法
ECサイトの運営手法は「モール型サイト」と「自社ECサイト」の2種に分けることができます。
Amazonや楽天といった多数の企業が加入しているショッピングサイトが「モール型サイト」、企業や店舗が単独で運営するショッピングサイトが「自社ECサイト」です。どちらをご希望の場合でも経験豊富なスタッフがしっかりとサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

ウェブサイトの作成に関しては コチラをご覧ください。

おうちで.com

おうちで.comは、地域が誇る食品、なかなか手に入らない逸品、オーダーメイドの美術品、参加型オンラインライブまでがおうちで楽しめる、当社が独自に運営するこだわりの総合通販サイトです。
大手のモール型サイトとの契約に不安やご不満がある方や独自にECサイトを1から開設することに不安がある方、あるいはオンラインでレクチャーやライブ・パフォーマンスがやりたい方等にオススメします。

 
あなたのお店のイチ押しメニューを通販で!!
販売・製造から配送・決済まで小ロットからアウトソーシング。

例えば「お店の看板メニューを通販したい」というご要望の場合、商品を通販用として専用工場で試作するところから可能です。食品加工、消費期限算出・カロリー計算・成分表記、販売、物流・梱包、決済までおまかせください。
※ただし、顧客様への告知(ECサイトへのご案内)は行ってください(サポートいたします)。

おうちで.comに関しては おうちで.com HPを、また概要については、 コチラをご覧ください。

アニメ制作

アニメーションでわかりやすく

説明に30分かかる難しい商材を、相手が30秒~180秒で簡単に理解できるようにする動画(アニメーション)を制作します。
もし、あなたの商品が携帯のサービスのように難しかったり、保険の説明のように難しい内容だったり、長い時間を費やして初めて説明できるようなサービスだった場合、相手は大きなストレスを感じ、マイナスな印象を持ってしまいかねません。なかなか理解できない商品やサービスに対し、ユーザーは80%の確率でネガティブイメージを持つと言われています。
説明用のアニメーションはビジュアルもシンプル。
台本は構成作家、放送作家、舞台作家が手がけるため説明したい商品の特徴がわかりやすく伝わります。

お問い合わせは コチラまで

デジタル・マーケティング

SNS-AI ターゲティングサービス

不特定多数をターゲットとした最大公約数型の広告戦略ではなく、位置情報や趣向等ターゲットを絞り込んで発信する効果的で効率的な最小公倍数型の広告戦略に移行しませんか?
月間数千〜数万人を対象に、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアの膨大な情報をAI(人工知能)が解析します。
例えば、位置情報や旅行先の他に投稿などのコメントから位置を特定し年齢・性別・趣味趣向などの解析を行ない、共通の価値観や趣味性、傾向を持つ、最適なユーザーに直接アプローチできます。

お問い合わせは コチラまで

システム開発

スクラッチ開発対応

情報システム開発の分野では、パッケージ製品のカスタマイズや機能の追加、現在使用中のシステムの改修ではなく、全体を新たに開発する(あるいは、開発し直す)ことをスクラッチ開発といいます。
元になるソースコードや雛形(テンプレート)などを使用せず、何も無い状態からコードを記述していくため、既存製品を流用する場合に比べ費用や期間はかかりますが、パッケージの制約や過去のしがらみなどに縛られることが少なく、独自機能を組み込んで他社と差別化するといった施策も行いやすいのがスクラッチ開発のメリットです。
流用部分がブラックボックス化することがなく、改良や修正、機能追加の自由度が高いことも利点となります。

お問い合わせは コチラまで